上位のフライブルク相手に強烈な一撃で反撃の狼煙

 ドイツ1部ビーレフェルトは、1月8日に行われたブンデスリーガ第18節フライブルク戦で2-2と引き分けた。MF奥川雅也は後半15分に反撃の狼煙をあげる鮮烈なミドル弾を突き刺し、称賛の声が寄せられている。

 4位フライブルクの敵地に乗り込んだビーレフェルトは、前半6分に失点すると、後半開始直後にも追加点を献上し、リードを2点に広げられる苦しい展開を強いられる。

 しかし、後半15分に奥川が重苦しい雰囲気を変える。左サイドからカットインした奥川は、ペナルティーエリア手前45度の位置から右足を一戦。無回転のような軌道の一撃がゴール右上隅に突き刺さり、1点を返した。

 奥川は昨年12月14日の第16節ボーフム戦(2-0)、さらに2021年最終戦となった同18日のRBライプツィヒ戦(2-0)に続き、3試合連続ゴールで、今季の得点数を「6」に伸ばした。

 試合は後半42分にビーレフェルトが同点に追いつき、2-2のドローでフィニッシュ。「スカパー!」公式ツイッターが奥川のゴール動画をアップすると、ファンからは「エグい」「ビューティフル」「また決めたのか」「代表呼んでくれ」「スーパーゴール」といった感嘆の声が上がっていた。

Football ZONE web編集部