C大阪MF清武弘嗣、「マイドクター」池田浩氏との3ショットをSNSにアップ

 元日本代表MF香川真司は、昨年12月18日にギリシャ1部リーグPAOKテッサロニキとの契約解除を発表し、現時点で所属先が決まっていないなか、自身のSNSを更新。セレッソ大阪MF清武弘嗣とともに「マイドクター」との3ショットを公開。「激アツ」「素敵な写真」との声が寄せられている。

 香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。ユルゲン・クロップ監督の下、加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験した。12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、PAOKを渡り歩き、現在は無所属となっている。

 そんななか、1月9日に香川は自身の公式インスタグラムを更新し、「My Dr 今回もありがとうございました&これからもよろしくおねがいします #香川真司 #清武弘嗣 #Dr池田」と記し、清武ととも日本サッカー協会(JFA)医学委員会・委員長の池田浩氏との3ショットをアップしている。

 香川と清武が揃った“C大阪つながり”の1枚に、ファンからは「嬉しいショットです」「激アツのお二人」「テンション上がります」「また一緒にプレーしてるとこみたい」「素敵な写真」「桜の8番同士 真司さん、8番空いてるよ」「セレッソ戻ればいいのに」との声が寄せられていた。

Football ZONE web編集部