高校サッカー選手権決勝でゲスト解説「あの頃を思い出すね〜」

 昨季限りで現役を引退した元日本代表FW大久保嘉人氏が自身のSNSを更新。第100回全国高校サッカー選手権決勝の解説を務めるなか、「初めての新国立競技場!」とメモリアルスーツ姿を披露し、「時計かっこいいな〜」「素敵なスーツ」と脚光を浴びている。

 大久保は国見高校時代、総体、国体、選手権と3冠を達成。今年1月7日、当時の恩師・小嶺忠敏氏(76歳)の死去を受けて直筆メッセージを公開し、「涙腺崩壊した」「粋な計らい」と話題を呼んでいた。

 そんな大久保が高校サッカーの決勝・大津(熊本)対青森山田(青森)で解説を務めるため現場に到着。両校にエールを送りつつ、「初めての新国立競技場! ここで選手権のテーマソングを聞くと、あの頃を思い出すね〜」と当時を振り返った。また「今日のスーツは、テーラーフィールズさんで作ってもらったメモリアルスーツ!着心地最高!」と記し、メモリアルスーツでピッチに立つ姿も公開している。

 かつて川崎フロンターレで共闘したGK新井章太(ジェフユナイテッド市原・千葉)から「付けてる時計かっこいいな〜」とメッセージが寄せられた一方、「カッコ良すぎです!!」「素敵なスーツ」「絵になりますね」などの声が上がっており、注目を集めている。

Football ZONE web編集部