退場者を出して10人のアーセナル相手に痛恨のスコアレスドロー

 イングランド1部リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間1月13日に行われたリーグカップ(カラバオカップ)準決勝第1戦のアーセナル戦で先発フル出場するも、チームは0-0で引き分けた。終了間際の決定的なチャンスを外し、現地でも「痛すぎる」「言葉が出ない」と悲観的な声が上がっている。

 ホームのリバプールが立ち上がりからリズムを掴んだなか、前半24分にアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカが一発退場。さらに押し込む展開となるが、ゴールを奪うことができない。

 スコアレスで折り返した後半2分、南野が速攻からクロスを上げ、ボールはアーセナルゴールに向かうが、惜しくも枠外へ。同23分にもペナルティーエリア内で左足ダイレクトシュートを放つがモノにすることができない。

 アーセナルが自陣で守備を固める展開が続いて迎えた後半45分、リバプールはゴール前でこぼれ球に反応した南野が決定機を迎えるが、ワンバウンドのボールに対してフリーで放ったハーフボレーはクロスバーの上を越えてしまってチャンス逸。南野も思わず天を仰いだ。

 勝利のチャンスがあったなかで、0-0のスコアレスドローに終わり、リバプール専門メディア「This is Anfield」は「リバプールファンは、10人のアーセナルに対する悲惨なパフォーマンスを不満に感じていた。タクミ・ミナミノの衝撃的なミスは大きな話題になった」と言及。リバプールファンの「痛すぎる」「言葉が出ない」といった声を紹介している。

 また、ボスニア・ヘルツェゴビナ紙「オスロボジェニ」も、「信じられないミスでリバプールに勝利をもたらす絶好のチャンスを逃した」と伝えており、南野のワンプレーは欧州で大きく報じられている。

Football ZONE web編集部