フィオレンティーナのセルビア代表DFナスタシッチ獲得の可能性

 日本代表DF吉田麻也が所属するイタリア1部サンプドリアが、冬の移籍市場でセンターバック(CB)獲得に動いているという。イタリア衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

 吉田は先日、試合中に右足を負傷して筋肉系の問題と診断されて離脱している。現地メディアでもトレーニング中の時間は理学療法のみとされている時間が続き、復帰まではしばらく時間が掛かりそうだ。

 それに加え、サンプドリアからはガンビア代表DFオマール・コリーがアフリカネーションズカップのためにチームを離脱中。それにより、吉田とコリーのレギュラーコンビを欠いている。

 そのため、サンプドリアはフィオレンティーナのセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチに接触。満足な出場機会を得られていない状況を加味し、代理人を通じて獲得の可能性を模索しているようだ。

 先日にはカタールからのオファーも伝えられた吉田の契約は今シーズン限りとされるだけに、CBの補強は来シーズンに向けた去就にも影響を与える。日本代表のアジア最終予選も迫るなかで、苦しい時期が訪れてしまったようだ。

Football ZONE web編集部