スペイン国王杯・エスパニョール戦で先制FK弾を叩き込む

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間1月15日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)4回戦のエスパニョール戦でスタメン出場し、前半に華麗な直接フリーキック(FK)を沈め、2-1の勝利に貢献。スピード、コースとも完璧な一撃に、ファンからは「すんげー軌道」「中村俊輔みたい」といった驚きの声が続々と上がっている。

 久保は、8日のリーガ・エスパニョーラ第20節でレバンテ戦(0-2)に続き、公式戦2試合連続でスタメン出場。4-4-2の右サイドで攻撃の起点となったなか、前半32分にチャンスが到来する。ゴール正面やや右サイド約20メートルの距離で直接FKを得ると、左足を一閃した久保のシュートは相手の壁を越え、ゴール右へ鮮やかに突き刺さった。

 相手GKディエゴ・ロペスが伸ばした手をすり抜ける鮮やかなFK弾は、スペイン紙「AS」が「久保の超絶技の一撃」と称えるなど現地でも話題に。日本でも華麗な一撃に熱視線が注がれ、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが「スピード、コースともに完ぺきな鮮やか直接FK弾」と綴り、得点シーンの動画をアップすると「美しい!」「すんげー軌道」「中村俊輔みたい」「天才だ」「曲がり方の鋭さがやべえ」といった声が寄せられた。

 久保にとっては、リーガ第16節アトレティコ・マドリード戦(2-1)以来、公式戦2ゴール目。今季は怪我の影響もあり、ここまで公式戦13試合2得点の成績にとどまっているが、さらなる活躍へ期待が懸かる。

Football ZONE web編集部