今季リーグ戦で6試合1ゴールの南野

 イングランド1部リバプールのMF南野拓実が、1月16日のリーグ第22節ブレントフォード戦でベンチスタートとなった。

 今季の南野はリーグ戦6試合1ゴールに出場するも、いずれも終盤からの途中出場。またリーグカップでは4試合にスタメン出場し、4ゴールの結果を残しているものの、今年1月13日の準決勝第1戦アーセナル戦(0-0)では絶好のゴールチャンスを逃して評価を落としていた。

 チームの中心選手であるエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネらがアフリカネーションズカップ出場のため不在のなか、先発も期待された南野だがベンチスタートとなっている。

 勝負の1月に起用が続く南野。この試合で結果を残して名誉挽回を図り、評価を高めることができるだろうか。

Football ZONE web編集部