後半29分から途中出場の南野、投入から3分後にゴール

 イングランド1部リバプールのMF南野拓実が、現地時間1月16日のリーグ第22節ブレントフォード戦で後半29分から途中出場。27歳の自らの誕生日を祝う“バースデー弾”を叩き込んだ。

 今季の南野はリーグ戦6試合1ゴールに出場するも、いずれも終盤からの途中出場。またリーグカップでは4試合にスタメン出場し、4ゴールの結果を残しているものの、今年1月13日の準決勝第1戦アーセナル戦(0-0)では絶好のゴールチャンスを逃して評価を落としていた。

 チームの中心選手であるエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネらがアフリカネーションズカップ出場のため不在のなか、ブレントフォード戦で南野はベンチスタート。チームが2-0とリードして迎えた後半29分、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンに代わって途中出場した南野が、すぐさま輝きを放つ。

 投入から3分後の後半32分、前線からプレスをかけて相手のミスを誘発した南野は、ゴール前でFWロベルト・フィルミーノのラストパスを受けて冷静に流し込んだ。これで今季リーグ戦7試合出場、2ゴールとしている。

 南野は終了間際にも見事なパスからゴールチャンスを演出するなど存在感を示し、チームも3-0と快勝した。

Football ZONE web編集部