第22節ブレンフォード戦、後半29分から途中出場の南野が今季2ゴール目

 イングランド1部リバプールのMF南野拓実が、現地時間1月16日のリーグ第22節ブレントフォード戦で後半29分から途中出場。27歳の自らの誕生日を祝う“バースデー弾”を叩き込んで3-0勝利に貢献した。リバプールでのリーグ戦バースデー弾は史上5人目だという。

 エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネらがアフリカネーションズカップ出場のため不在のなか、ブレントフォード戦でベンチスタートとなった南野。チームが2-0とリードして迎えた後半29分、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンに代わって途中出場した南野が、すぐさま輝きを放つ。

 投入から3分後の後半32分、前線からプレスをかけて相手のミスを誘発した南野は、ゴール前でFWロベルト・フィルミーノの丁寧なラストパスを受け、冷静にゴール右隅に決めた。

 今季リーグ戦7試合出場で2ゴール目は自身の誕生日を祝う“バースデー弾”。データ分析会社「オプタ」は「南野拓実は、リバプールでプレミアリーグのバースデー弾を決めた史上5人目の選手となった。2013年9月のマンチェスター・ユナイテッド戦のダニエル・スタリッジ以来。おめでとうございます」と紹介している。

 ファンから「なんてバースデー弾だ」「フィルミーノからの誕生日プレゼント」と絶賛された一撃に注目が集まっていた。

Football ZONE web編集部