第19節グロイター・フュルト戦で先制点を挙げ、今季7ゴール目を記録

 ドイツ1部ビーレフェルトのMF奥川雅也は、現地時間1月16日のリーグ第19節グロイター・フュルト戦(2-2)に先発出場し、前半8分にリーグ戦4試合連続ゴールを叩き込んだ。ブンデスリーガ公式サイトも「フュルトのDFをかわして踊り、クールなフィニッシュ」と伝えている。

 オーストリアやドイツのクラブを渡り歩く25歳の奥川は、2021年7月からビーレフェルトに加入。開幕からコンスタントに出場するなか、この試合までに3試合連続ゴールをマークしていた。

 迎えたグロイター・フュルト戦にスタメン出場した奥川は前半8分に輝きを放つ。パスをつないで中央を打開したビーレフェルトはMFフロリアン・クリューガーのパスに奥川が反応。相手エリア外でボールを受けるとそのまま縦に突破を図り、個人技で打開してゴールをこじ開けた。

 これで奥川は今季リーグ4試合連続ゴールとなり、今季7ゴール目。ブンデスリーガ公式サイトは「フュルトのディフェンダーをかわして踊り、クールなフィニッシュを達成」と称えている。

 試合はその後、逆転を許し、終盤にビーレフェルトがなんとか同点に追いついたが、奥川の勢いは止まらない。

Football ZONE web編集部