ポステコグルー監督はデビューした日本人トリオを高評価「よくやってくれた」

 今冬の移籍市場でスコットランド1部セルティックに加入した日本人選手トリオが、現地時間1月17日のリーグ第21節ハイバーニアン戦で揃ってデビュー。チームを2-0の勝利に導くと、アンジェ・ポステコグルー監督は「彼らは良くやってくれた」と称賛し、DF旗手怜央についてもコメントしている。スコットランド紙「デイリー・レコード」が報じた。

 横浜F・マリノスから加入した日本代表FW前田大然と川崎フロンターレから移籍の旗手がハイバーニアン戦でスタメンデビュー。前半4分には右サイドでボールを奪ったところからの攻撃で、前田がデビュー戦で初ゴールを挙げた。旗手も中盤で積極的なプレーを見せ、2-0で迎えた後半29分には旗手との交代でガンバ大阪から加入したMF井手口陽介がデビューしてそのまま試合を締めくくった。

 昨夏まで横浜FMを率いていたポステコグルー監督は、デビューとなった日本人トリオについて「BBCラジオ・スコットランド」に「彼らはよくやってくれた。早くチームに馴染ませる一環だったし、週を追うごとに良くなる。すでに1週間半、一緒に練習をしている。ただし、まだまだ改善していく必要はある」と話したという。

 一方で、試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された旗手について、かつてセルティックで大活躍した元日本代表MF中村俊輔と比較する質問が飛んだという。それに対してポステコグルー監督は、「いや、彼は旗手怜央だ」と即座にその声を打ち消したとした。

「旗手は自分自身の足跡を残すだろうし、とても才能があり、非常に強い意志を持った若者だ。言ったように、彼らはまったく違う。それに、旗手はサッカー界の頂点を見据えているし、彼が私たちのクラブにいることを嬉しく思う。その能力を最大限に引き出し、到達できると確信しているレベルまで押し上げることを目指すだけだ」

 夏にヴィッセル神戸から加入して大ブレイクしている日本代表FW古橋亨梧は残念ながら負傷離脱中だが、冬の移籍市場でスコットランドにやってきた3人は良い形でデビュー戦を終えることに成功した。ポステコグルー監督にとっても、日本人選手を一気に3人獲得したことに対して前向きな評価を得られるものになりそうだ。

FOOTBALL ZONE編集部