【識者コラム】マンCがプレミア首位を快走する“カラクリ”

 1月15日に行われたプレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティとチェルシーの1、2位対決はシティが1-0で勝利した。これでチェルシーとの勝ち点差は13ポイントに開き、すでに独走態勢に入っている。

 点差は最少とはいえ、シティが1枚上の貫録を示していた。戦術的に何も足りないものがない。よほどのことがなれば、このまま優勝するはずだ。

 GKエデルソンも含めたビルドアップは決して急がず、確実に相手のファーストラインを通過していく。ライン間に縦パスを通すには、その前に相手のファーストラインに門を作る必要があり、そのためシティは機が熟するまで待つ。FWとMFの間につなぐと、あとは速い。相手が必然的に素早く寄せてくるので、ワンタッチパスでいなしてしまえば、相手のディフェンスラインを裸にできる。そうなれば相手は後退しかなく、あちこちに突けるスペースができている。まず、この緩急が見事だった。

 そうかと思えば、DFが後方でキープしている時に、前線が相手ディフェンスラインの裏を突くランも再三見せていた。直接ロングパスを通す攻め込みも手の内に入っていて、これがあるから相手はそんなにコンパクトにできない。

 ライン間に侵入できない時は、サイドチェンジを使って相手の守備ブロック自体を押し下げる。ここではラヒーム・スターリング、ジャック・グリーリッシュ、フィル・フォーデン、リヤド・マフレズのウイングプレーヤーのドリブルが効いてくる。得意の「ポケット」への侵入も定番だ。

 唯一の弱点はゴールゲッターがいないこと。ここまでチーム最多得点者はスターリングとベルナルド・シルバの7ゴールだが、プレミアの得点ランキング11位にすぎない。ただ、特定の選手が得点していないだけでチームとしての54ゴールは最多となっている。

 センターフォワード(CF)はほとんど日替わり。そのかわり、クロスボールに対しては常に4人がペナルティーエリア内へ入っていく。速くて際どいクロスが誰かに届く確率を上げるとともに、相手がクリアしきれずにこぼれたボールを拾う得点が多い。量産型のストライカーがいないための一種の人海戦術なのだろうが、これが非常に上手く機能しているのだ。

メンバー交代でもチームのパフォーマンスに影響なし

 ペナルティーエリア内に多くの選手を送り込むためのリスク管理もぬかりない。敵陣に攻め込んだときのシティは2人のCBの前に3人を配置して、セカンドボールやカウンターアタックに備えている。中盤に位置する3人の中央はアンカーのロドリだが、左右はオリジナルポジションがSBのジョアン・カンセロとカイル・ウォーカーだ。この3人がカウンターアタックへの防波堤になり、彼らが止めている数秒間でゴール前へ突入した4人があっという間に戻ってくる。SBがボランチ化している「偽SB」だが、むしろプレー時間的に言えば2バック・システム時代のハーフバックの呼称がふさわしいだろう。サイドにはあまりいないし、バックでもないからだ。

 選手が代わってもチームとしての機能性はほとんど変わらない。カンセロがオレクサンドル・ジンチェンコになり、ケビン・デ・ブライネがイルカイ・ギュンドアンになっても基本的には同じである。また、流れの中で頻繁に居場所が変わるが、全体の配置は同じ。メンバー交代があまりチームのパフォーマンスに影響しない。

 シティがこれから一時的に調子を落とすことがあるとしても、これだけすべてが揃っていると、ライバルが13ポイントをひっくり返すのはまず無理だろう。

Football ZONE web編集部