リーグ戦4試合連続ゴールと好調をキープ、ブンデスリーガ公式サイトが特集

 ドイツ1部ビーレフェルトのMF奥川雅也は、現地時間1月16日のリーグ第19節グロイター・フュルト戦(2-2)でリーグ戦4試合連続ゴールをマークするなど好調をキープしている。ブンデスリーガ公式サイトでは「奥川雅也:香川真司の面影を持つビーレフェルトの日本人アタッカーとは?」と特集を組んでいる。

 現在25歳の奥川は、2015年に京都サンガF.C.の下部組織からトップチームへ昇格。その後、オーストリアやドイツのクラブを渡り歩き、21年1からビーレフェルトに在籍し、同年7月に完全移籍が決まった。

 そんな奥川は今季開幕戦から出場し、その後もコンスタントにプレー。ここまでリーグ戦18試合7ゴール1アシストの結果を残し、直近では4試合連続ゴールをマークしている。ドイツ1部で日本人選手の4試合連続弾は史上初の快挙だ。

 ブンデスリーガ公式サイトでは奥川を取り上げ、「奥川雅也は、ブンデスリーガで初のフルシーズンでビーレフェルトを牽引しており、ゴールへの渇望から、日本代表に初招集されるかもしれない」と紹介した。

 またボルシア・ドルトムントで活躍し、ドイツを席巻したMF香川真司(元シント=トロイデン)と比較。「日本では当初、奥川はドリブルの才能が目を引き、ネイマールと比較された。マーカーから素早く離れ、テンポの速いプレースタイルを持っているため、そうした比較がされた理由も簡単に理解できる。しかし、全体的なインパクトという点では、香川がボルシア・ドルトムントに与えたものと同じようなものになるだろう」と記している。

得点力だけでなく高強度のプレーも持続 「距離とスプリントの両方でトップ30」

 ブンデスリーガ公式サイトでは、香川を引き合いに出しながら奥川の特長にも触れている。

「香川はブンデスリーガでの日本人最多得点者であり、奥川も同様に両足の水準が高く、どちらでも決定的なプレーで脅威を与える選手だ。元マンチェスター・ユナイテッドの香川は、ユルゲン・クロップのハードワークとハイプレスのドルトムントでブレイクしたことで有名だが、ブンデスを彩る最新日本人アタッカーも似たタイプの選手だ。奥川は香川よりも粘り強く、とんでもない変化を加えている」

 奥川のプレースタイルについて言及し、得点力だけでなく高強度のプレーを持続的に見せていると評価。「間違いなく、ザルツブルクの高強度システムでプレーしている間に磨かれたアプローチで、2021-22の統計での奥川は、ブンデスリーガでのスプリントでトップ10に入り、距離とスプリントの両方でトップ30に入った。中盤やFWの両方でプレーできる奥川は、香川のように、ファンが喜んでお金を払って見に行くタイプの選手だ」と絶賛した。

 ドイツで成長を続ける25歳のアタッカーが脚光を浴びており、その評価はうなぎ上りのようだ。

FOOTBALL ZONE編集部