2016年から19年にサンプドリアを指揮、約2年半ぶりに古巣へ

 日本代表DF吉田麻也が所属するイタリア・セリエAのサンプドリアが1月19日、監督交代を発表した。新監督にはマルコ・ジャンパオロ氏が就任する。

 17日に今季から就任したロベルト・ダヴェルサ監督の解任を発表していたサンプドリアは、18日のコッパ・イタリアのユベントス戦で1-4の大敗を喫していた。

 ジャンパオロ氏は2016年から19年にサンプドリアを率いていた時期に評価を高めて名門ACミランの監督に就任するも、数か月で解任の憂き目にあった。その後、トリノでも不振での解任となっていたが、良い記憶の残る古巣へ約2年半ぶりに戻る形になった。

 ジャンパオロ監督との契約は今季限りだが、2年間の延長オプションが付帯していると発表している。負傷離脱中の吉田にとっては、指揮官にとっての序列やメンバーが固まる前に復帰して存在感を示しておきたいところだ。

FOOTBALL ZONE編集部