「自分におかえりって言いたいです」と発信

 J3・Y.S.C.C.横浜の松本珠奈アスレティックパフォーマンスコーチが、自身のツイッターを更新。男性から女性へのトランスジェンダーを公表し、「おそらくJリーグ初」「優しく見守ってくださると大変ありがたいです!」と発信している。

 YS横浜との契約を更新した松本珠奈アスレティックパフォーマンスコーチは、1月22日にクラブ公式サイトで「皆様遅くなりました。今年から珠奈になりました。2022年シーズンはより高いパフォーマンスを発揮できるスーパーアスリートを作り、勝利に貢献できるように頑張ります!YSファミリーと共に全員でスタジアムを水色に染めましょう! 熱い応援、宜しくお願い致します」とコメントしていた。

 また同日、自身の公式ツイッターで「恐らくjリーグ初の #mtf(男から女)#トランスジェンダー です! 暖かく見守ってください! #カム済み」と明かし、続けてメッセージを発信している。

「もう自分を偽る必要なくて本当に嬉しいし楽になりました。自分におかえりって言いたいです。私をずっと支えてくださってる方たちには感謝しかないです。母に始まり、彼女、友達、監督、コーチ、クラブ、先生本当に戻ってきました。ありがとうございます」

「ファンやサポには色々考えさせたと思いますが、それは本当に申し訳なかったです。カミングアウトも終わり、すべての方の理解は得られると思っていませんが、優しく見守ってくださると大変ありがたいです!今後は私についてまだ書きたいと思いますが、少しお待ち下さい!」

 松本コーチの投稿に「応援しています」「ご決心までいろいろな葛藤があったかと思いますが本当におめでとうございます」などのメッセージが寄せられている。

FOOTBALL ZONE編集部