前半20分にアマトのヘッド演出も、1失点目はクロスを許してしまう

 スペイン1部マジョルカは、現地時間1月22日のリーガ・エスパニョーラ第22節ビジャレアル戦で0-3と敗れた。スタメン出場した日本代表MF久保建英は、ゴールをこじ開けられなかったが、試合中に見せた高精度のパスに対して、海外紙は「ミリ単位のクロス」と注目している。

 久保は古巣のビジャレアル戦で公式戦3試合連続のスタメンを務め、右サイドに入った。前半12分にオウンゴールで先制点を献上したマジョルカは、同20分に久保がチャンスを作る。

 久保は敵陣のアタッキングサードで縦パスを受けると、軽やかなターンでスペイン代表MFダニエル・パレホの逆を取り、3人に囲まれながらもドリブルでキープ。右サイドバックのDFパブロ・マッフェオにボールを預けてリターンをもらい、ペナルティーエリア右手前で再び3人に囲まれた状況で、左足をコンパクトに振り抜いて中央へピンポイントクロス。これをファーサイドでFWアマト・エヌディアイエがヘッドで合わせたが、シュートはGKの正面を突き、同点弾とはならなかった。

 前半34分に2点目、後半42分にはPKではダメ押しの3点目を奪われ、0-3で敗れたマジョルカ。スペイン紙「AS」のマッチレポート内では、1失点目で久保のサイドのスペースを使われたことを指摘する一方、クロスのシーンについては「クボはアマトの頭へミリ単位のクロスを送り自身のミスを修正した」と触れている。また、スペイン紙「マルカ」も「クボの素晴らしいクロス」と評価していた。

FOOTBALL ZONE編集部