グループ3試合を振り返り、全23選手のパフォーマンスを査定

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねた女子アジアカップのグループステージを首位(2勝1分)で通過した。1月30日に準々決勝・タイ戦を迎えるなか、ここまでの3試合を振り返り、全23選手のパフォーマンスを査定。「通信簿」として採点とともに評価した。※【】内は採点

【GK】
1 池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)【-】
 第3戦まで出場なし。そろそろ出番か。

18 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)【6】
 今大会初得点は、メッセージのこもった左足からの正確なフィードから生まれた。韓国戦の失点は味方と接触してのもの。相手FWを足技で交わそうとするシーンは、やや気になった。

21 田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)【6】
 ベトナム戦で先発し、90分を無失点。カウンターからのミドルシュートには、落ち着いて対応していた。

【DF】

4 熊谷紗希(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)【6.5】
 初戦から球際の強さを見せて、相手FWを短時間で制圧。前線が攻めあぐむ時間帯には、自ら持ち上がりも見せている。

5 三宅史織(INAC神戸レオネッサ)【6】
 初戦では、最も危険な選手とマッチアップ。キックオフ直後にタテへ走り抜け、素晴らしいクロスでチームのエンジンをかけた。不慣れなポジション、連係の中で奮闘している。

12 乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS)【5.5】
 ベトナム戦では慣れない左サイドバックを無難にこなす。中央に回った時間帯に、やや判断を迷ったところで相手のトリックプレーが重なり、ピンチを招いた。

2 清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)【6】
 今大会は、未完成のチーム状態を考えてか、攻撃参加の回数はそれほど多くない。韓国戦では相手陣内でのキープに加わり、ドローでの逃げ切りに貢献。必要な働きは見せている。

6 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)【5.5】
 ベトナム戦で途中出場。ペナルティーエリア近辺まで顔を出すなど積極性は見られた。強敵相手に出番が増えていきそう。

3 南 萌華(三菱重工浦和レッズレディース)【5.5】
 得意のロングパスを繰り出す場面がなかった。散見されたパスのブレは、ピッチ状態の影響もあった。強力FWとのマッチアップで真価発揮を期待。

22 宝田沙織(リンシェーピングFC/スウェーデン)【5.5】
 グループリーグ2試合(ミャンマー戦、ベトナム戦)で途中出場。足慣らしで終わった感もありここから先、強豪相手に奮起を期待したい。

20 高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)【6】
 ベトナム戦でフル出場。「センターバックが持ち上がれる」「斜めのボールが有効」という事前の情報に沿って、ペナルティーエリアすぐ外からのクロスで、成宮の先制点を呼び込んだ。ここから先はリスク管理も必要になる。

数字を残しながら、献身性も発揮した長谷川を高評価

8 猶本 光(三菱重工浦和レッズレディース)【6.5】
 初戦のミャンマー戦でスクランブル出場に対応して直接FKから代表初ゴールを奪うと、その後も左右にボールを散らしながらゲームメイク。横一線で始まった競争を、一歩リードしている。

17 成宮 唯(INAC神戸レオネッサ)【7】
 フル代表の大陸間トーナメントには初出場。ピッチに入ってすぐにゴールを奪うと、第2戦のベトナム戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出。持ち味を遺憾なく発揮している。

7 隅田 凜(マイナビ仙台レディース)【5.5】
 ベトナム戦では無難なプレーに終始。縦関係の後ろを任されたこともあって、攻撃のサポートがやや少なかったか。途中出場の韓国戦では悪い流れを断ち切れず。

14 長谷川唯(ウェストハム・ユナイテッド/イングランド)【7.5】
 初戦のミャンマー戦で植木のゴールをアシストすると、自身も綺麗な崩しから2得点。数字を残しながら、フォアチェックなど献身性も発揮している。

16 林穂之香(AIKフットボール/スウェーデン)【5.5】
 ミャンマー戦の前半途中で不運な負傷交代。やや小さなミスが重なっており、傷を癒してからの反撃に期待。

15 長野風花(マイナビ仙台レディース)【5.5】
 ここまでの出来に「全然納得していない」と本人談。最終ラインの前でリスクヘッジする役回りで損もしているが、本来は深い位置でも、決定的な仕事ができる。

23 宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)【6.5】
 中盤での組み立てに関わり、守備でも奮闘。ミャンマー戦、韓国戦では、大きなピンチを救っている。自身でのゴールが欲しい。

13 遠藤 純(エンジェル・シティFC/アメリカ)【6】
 初戦のミャンマー戦は途中出場。後半アディショナルタイムに強いボールを長谷川に通して、ゴールを演出。2戦目は突破から相手のファールを誘い、成宮の3点目のきっかけを作った。

FW陣最年少の植木が、新エース候補として頭角を現す

【FW】
9 菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)【5】
 高さ、強さを活かすシーンが少なかった。成宮の代表初ゴールをお膳立てしたが、ややチームの攻撃に溶け込めていない感がある。

10 岩渕真奈(アーセナル/イングランド)【-】
 大会前に新型コロナ陽性判定で初戦、第2戦を欠場。プレー可能となった第3戦も未出場。

11 田中美南(INAC神戸レオネッサ)【5】
 初戦、第2戦までの動きはそれほど悪くは見えず、シュートがポストとバーに嫌われただけ。ただ、韓国戦では焦りからかチームを助けるプレーが見られなかった。

19 植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)【7】
 FW陣最年少での選出となったなか、今大会初ゴールを挙げた。今大会は先発した2試合で先制ゴール。新エース候補として、頭角を現している。

池田太監督【6】
 しっかりと準備を行い、グループリーグ首位通過を決めた。韓国戦の終盤は、チーム全体の意思統一がなされていないようにも見られた。リードしている段階で、逆転されない戦いを徹底してもよかったか。

FOOTBALL ZONE編集部