クラブ公式サイトの独占インタビューでテン・ハフ監督について言及

 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドは、現在オランダ1部アヤックスの指揮を執るエリック・テン・ハフ監督が来シーズンから就任することを発表されている。エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、クラブ独占インタビューで期待を口にしている。

 今季オレ・グンナー・スールシャール前監督の下で開幕を迎えたユナイテッド。開幕5試合を4勝1分とロケットスタートを切ったものの、その後は失速。宿敵のマンチェスター・シティやリバプールとの競争で遅れをとった。昨年11月にスールシャール前監督は解任され、ラルフ・ラングニック暫定監督体制となったが、37試合を終えて6位と低迷し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。

 アヤックスで多くの成功を得たテン・ハフ監督は、2022-23シーズンからユナイテッドとの1年の延長オプション付きの3年契約を結んだことが発表されている。今季プレミアリーグで得点ランク3位の18得点を決めている37歳のロナウドは、クラブ公式サイトのインタビューで「僕が知ってるのは、彼がアヤックスのために素晴らしい仕事をし、経験豊富な監督ということだ」とテン・ハフ監督について語っている。

「ただ、僕たちは彼に時間を与える必要があるし、彼が望む方法に変える必要がある。僕たちが成功することを願っている。それがマンチェスター全体の成功につながるからね。彼の活躍を祈っている。来年はトロフィーを獲得できると信じよう」

 覇権復活に向けて、ロナウドとテン・ハフ監督のタッグには大きな期待が懸かる。

FOOTBALL ZONE編集部