鳥栖戦で4-0勝利、ボージャンと大迫のホットラインからダメ押し弾

 ヴィッセル神戸は5月14日、J1リーグ第14節でサガン鳥栖を4-0で破り、12試合目で待望の今季初勝利を手にした。元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが披露した「お洒落」アシストが話題を呼び、「ボージャンやばい、、、」「マジで凄すぎる」とファンから喝采を浴びている。

 前半2分、DF小林友希のパスにDF酒井高徳が抜け出し、中央へパス。フリーで待ち構えていたMFアンドレス・イニエスタが足元にボールを収めて右足でシュートを放ち、神戸が幸先良く先制に成功した。その後も、MF汰木康也、FW武藤嘉紀のゴールで3-0とリードを広げたなか、後半アディショナルタイムにFW大迫勇也のダメ押しゴールが生まれる。

 GK前川黛也からのゴールキックで大迫が競り勝ってそらすと、ボールを受けたFWボージャンがキープ。相手と対峙したなかでフェイントを繰り出してタメを作ると、後方から勢い良く走り込んだ大迫へ絶妙なスルーパスを通し、これを大迫が冷静にGKの股下を射抜く一撃を放ってゴールを決めた。

 神戸の公式ツイッターでは「ボージャン選手のナイスアシストです!」と絶賛。ファンから「ボージャンの動きが全てお洒落」「ボージャンやばい、、、」「タイミング測ってるのマジで凄すぎる」などの声が上がり、大迫のゴールをお膳立てしたボージャンの“お洒落”アシストに驚きが広がっていた。

FOOTBALL ZONE編集部