アザールをサイドに。主導権を握ったベルギー

 ロシアワールドカップ準決勝は現地時間10日、フランスがベルギーを1-0で破り決勝進出を果たした。可変システムを用いるなど策を練ったベルギーに対して、フランスはどのように対応したのか。注目の大一番は高次元の戦術合戦となった。(文:海老沢純一)

——————————

 チーム力、個人技、奇策、運…サッカーでは勝敗の明暗を分ける要素は多岐にわたる。いわゆる“個の力”で圧勝することもあれば、選手個々の能力は低くとも相手の弱点を突くプランを見つけ出すことで勝利を挙げるチームも存在する。

 ロシアワールドカップ準決勝、フランス対ベルギーの一戦は、チーム力が明暗を分ける要素となった。

 ベルギーは、フランスを相手に守備時には4バックとなる4-3-3で対応した。これは、グループリーグと日本との決勝トーナメント1回戦を経て炙り出されていたウイングバックの裏という致命的な弱点を補うもので、ブラジルとの準々決勝でも十分機能していた。

 そして、攻撃時はシャドリとアザールをサイドに置いた3バックに変化する可変式のシステムを採用していた。カンテとポグバが形成するフランスの中盤は非常に強度が高いため、これまでのようにアザールを2シャドーに置くと潰されてしまう危険性が高い。

 そのため、左のシャドリが縦へ仕掛けることで注意を引き付け、逆サイドに開いたアザールがキープ力を生かして相手の守備ブロックを崩すというプランだった。さらにフランスの攻撃の起点となる191cmのポグバに対して194cmのフェライニをマンマークで付けた。

 フランスはこの戦略に手を焼き、試合の立ち上がりからベルギーが主導権を握る。特に左サイドのアザールは狙い通り数多くボールに触れ、ほとんどの時間をフランスの陣地内でプレーする状況が生まれていた。

攻守に高く貢献するポグバの存在

 しかし、フランスも徐々に対応を見せる。中盤で守備ブロックを形成しつつ、左ウイングのマテュイディが守備の意識を高めることで左SBエルナンデスを大きくサポートした。それによって、左ボランチのカンテが中盤に意識を集中させることが可能となり、ボールの奪いどころを掴む。

 カンテは、ベルギーのデンベレとヴィツェルから出るパスをことごとくカットし、素早く前線につなげることでカウンターのリズムを生み出した。前半も半ばにさしかかった頃には、アザールがいい形でボールを持つ状況も生まれず、フランスがカウンターからチャンスを作った。

 フェライニのマークによって動きを制限されていたポグバも要所ではマークを外しつつ、カンテからボールを受けて前線へミドルレンジのパスを通した。パス本数では、カンテの43本より少ない31本だったが、決定的なパスの本数を見ると、カンテの1本に対してポグバは3本を記録している。

 この試合では守備でも4回のタックルを決めるなど守備でも大きく貢献しており、エムバペが無謀なドリブルを仕掛けた際には咎める姿も見せていた。今大会ではゴールこそないものの、フランスにとってこのポグバが中盤にいる意味は大きい。

 前半20分以降、ベルギーのシュート数はわずか1本にとどまり、45分間ではフランスが11本、ベルギーが3本と大きく差が開いていた。ボール支配率ではベルギーが60%を記録しながらも、決定的なパスの本数でも9本:3本とフランスが大きく上回っていた。

攻撃の形を作れず。打開できなかったベルギー

 フランスが流れを引き寄せる過程の中で、マテュイディの存在感は大きかった。本来は攻撃的なポジションとなるウイングでの起用ながら、この試合では交代する85分までに両チームトップとなる6回のタックルを成功させ、3回のインターセプトを記録。攻撃面でも51分にペナルティエリア内でジルーへパスを送り、ウンティティのゴールを生むCKの獲得につなげた。

 その後は、守備を固めるフランスに対して攻め立てるベルギーという構図となった。しかし、ベルギーは90分を通して決定的なパスを複数本記録した選手は1人もおらず、攻撃の形を作れない。

 ロベルト・マルティネス監督は状況を打開するためにボランチのデンベレに代えてメルテンスを投入。メルテンスを高い位置において、デ・ブルイネのポジションを下げることでチャンスメイクの役割を与えたが、これも機能せず。さらにカラスコ、バチュアイと攻撃のカードを切ったがゴールを奪うことはできなかった。

 対してフランスのデシャン監督は、85分にジルーに代えてエンゾンジを投入して守り切るメッセージを送った。それでも猛攻に出るベルギーを交わして6バックで守りつつ、エムバペがカウンターからシュートチャンスを作るなど、攻撃面でも優位に立っていた。

 
 攻撃面における個人技の能力ではベルギーがフランスを上回っていることを示していたが、相手の良さを消して自らの形に持ち込むチーム力という点ではフランスに軍配が上がったと言える。フランスは裏をかいてきた相手の戦略に対して素早く対応・修正したが、ベルギーはそれに対して次の手を持ってはいなかった。

 1点を争う攻防は、高い次元でも戦術合戦となったが、最後に勝敗を分けたのは、チームとしての完成度という点だった。

(文:海老沢純一)