4つの注目ポイント

 現地時間の31日、イングランド・プレミアリーグ第11節チェルシー対リバプールが開催される。ビッグクラブ同士の戦いとなるこの一戦だが、今季はいつもとは少々異なる状況だ。同試合の4つの注目ポイントを紹介しよう。

1)調子が上がらない両チーム

 今季なかなか調子が上がらないチーム同士の対決となるが、とりわけチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督にとってはラストチャンスとも言える一戦だ。ここまで同クラブは3勝2分5敗という惨憺たる成績。順位表の上では15位と残留争いに巻き込まれない位置に沈んでいる。

 一方で、リバプールも決して調子がよいとは言えない。ここまで3勝5分2敗の9位と低調なパフォーマンスをみせており、ユルゲン・クロップ新監督は未だプレミアリーグでは未勝利だ。

2)崖っぷちに追い込まれるモウリーニョ監督

 キャピタル・ワン・カップでもストーク・シティに敗れたチェルシーは、リバプール戦で敗れればモウリーニョ監督の解任が決定的となるだろう。今季は同監督の“3年目のジンクス”が発動中だ。モウリーニョ監督は過去、チェルシー、レアル・マドリーで3年目のシーズンに成績を落としている。

3)プレミアリーグ初勝利がかかるクロップ監督

 チェルシーとは対照的にリバプールはキャピタル・ワン・カップでボーンマスを下し、ユルゲン・クロップ監督の就任後初勝利を挙げた。しかしながら、未だプレミアリーグでは未勝利が続いている。ライバルを蹴散らし指揮官に白星をプレゼントしたいところだ。

4)両指揮官の対戦戦績は…

 これまでモウリーニョ監督とクロップ監督の対戦は4度。モウリーニョ監督がレアル・マドリー時代、クロップ監督がドルトムント時代の対決だった。結果はクロップ監督が2勝1分1敗でわずかにリードしている。どちらもチャンピオンズリーグでの戦いで、2012/2013シーズンのグループステージと準決勝で対戦した。準決勝では1stレグでマドリーを4-1で粉砕したドルトムントがバイエル・ミュンヘンとの同国同士の決勝に駒を進めている。

 崖っぷちのモウリーニョ、リーグ戦初勝利を狙うクロップ。注目の一戦はどちらに軍配が上がるのだろうか。

【了】