ハノーファーの日本代表MF清武弘嗣は、ブンデスリーガでナンバーワンのチャンスメーカーのようだ。大手データサイト『opta』が分析している。

 今季は負傷欠場も多く、ここまで16試合の出場に留まっている清武だが、44回のチャンスを生み出している。バイエルン・ミュンヘンのアルトゥーロ・ビダルも同じく44回だが、26試合での数字である。1試合あたりのチャンスメーク数は清武が2.75回であるのに対し、ビダルは1.69回で清武が上回る。

 また、3位はバイエルンのシャビ・アロンソ(24試合で38回)、4位はドルトムントのマルコ・ロイス(22試合で36回)となっており、清武はビッグクラブの名手をも凌ぐ。

 なお、『opta』の統計によれば上位7選手のうち3人が日本人選手となっており、5位はドルトムントの香川真司(23試合で34回)、7位はヘルタ・ベルリン原口元気(27試合で26回)となっている。

 ブンデスリーガで最下位に沈むハノーファーは、降格圏外となる16位アウグスブルクと勝ち点10差と厳しい状況にある。得点数も、28節時点で22得点とリーグ最少だ。それだけに、奇跡の残留に向けて背番号10を背負う清武の活躍は不可欠となりそうだ。