シーズン途中での突然の監督就任

 2011年から14年のシーズン途中までJリーグの清水エスパルスで指揮を執ったアフシン・ゴトビ氏が、リーグ3連覇中のタイの強豪ブリーラムユナイテッドの監督に就任した。今季調子を崩すチームにあって、かつて韓国代表アシスタントコーチやイラン代表監督も務めた彼の手腕にかかる期待は大きい。ゴトビ監督の初戦を取材した。(取材・文:長沢正博【バンコク】)

——————————

 決定は突然だった。ブリーラムは5月22日のリーグ戦でバンコクグラスFCに2対0で勝利を収めた試合後、2014年途中からチームを率いていたアレクサンダー・ガマ監督を解任。そして同24日、ゴトビ監督の就任が発表された。同時にアシスタントコーチやゴールキーパーコーチら計4人の新たなスタッフも入閣した。

 ゴトビ監督は早速、28日にホームで行われたナコンラチャシマーFC戦に臨んだ。ブリーラムは前半15分に韓国人MFコ・スルギが右サイドからのクロスをダイレクトで合わせて先制点を挙げると、その後はシュートがポストを叩くなどして追加点こそ奪えなかったもののリードを守りきり、新監督の初陣を白星で飾った。サポーターからは“アフシン”コールも沸き起こった。

 試合後の会見に現れたゴトビ監督は冒頭、「ブリーラムは特別なクラブ。短い準備期間だったが、勝利でスタートすることが出来てうれしい。試合全体を通してベストを尽くしてくれた選手たちを誇りに思う」と上機嫌に語った。

 ブリーラムといえば、オーナーのネーウィン・チッチョープ氏が資金面のサポートのみならず、強烈なリーダーシップを発揮することで知られている。

 ゴトビ監督はオーナーに関して「近年のブリーラムの成功は、彼のビジョンと情熱からもたらされたもの。スタジアムやトレーニング施設を見ると彼の業績は素晴らしいと思う。彼は短期間のうちにアジアに知れ渡るクラブを築き上げた。私たちは一緒に成長し、クラブをより国際的な存在へと導くことができると信じている」と敬意を示し、良好な関係を作ろうとしていることがうかがえた。

歯車がかみ合わなかった今季のブリーラム

 昨年は国内でタイトルというタイトルを総なめしたブリーラムだったが、今季は苦しんでいる。

 開幕前は好調だった。2月、トヨタプレミアカップで来タイしたアルビレックス新潟に2対1で逆転勝ちすると、複数のタイ代表選手を補強したライバルのムアントンユナイテッドとのコーロイヤルカップも3対1と快勝。順調な仕上がりを見せていた。

 だが、ホームで迎えたAFCチャンピオンズリーグの初戦、FCソウル戦から調子は暗転する。前半のうちに昨季リーグ得点王、MVPのブラジル人FWジオゴ・ルイス・サントが負傷交代すると、攻撃の核を失ったチームはリズムを崩し、次々と失点を重ねて0対6の大敗を喫した。その後、ジオゴはブラジルに帰国して手術を受け、前半戦を棒に振ることになる。

 DF陣にけが人が出たこともあり、AFCチャンピオンズリーグではその後も黒星を重ね、ようやく最終節の山東魯能戦を0対0で引き分け、今季同大会での初勝ち点を記録した。結局、1分け5敗、得点1失点16という過去最低の成績で大会を終えた。

 国内のリーグ戦でも4月、ムアントンとのホームでの大一番を0対3で落とし、一昨年から続いていたリーグ戦での無敗記録が44で途切れると、5月にはアーミーユナイテッドにもホームで敗れるなど、従来のホームでの抜群の強さが影を潜めている。

 さらに、チームの中心選手の一人だったタイ代表の主将ティーラトン・ブンマタンがムアントンに移籍することも発表され、タイのサッカーファンを驚かせた。

監督はタイの選手たちの向上心に感銘

 とはいえ、リーグ戦でブリーラムは現状、まだ3位につけている。ジオゴも後半戦から復帰する見込みだ。ティーラトンは抜けたものの、タイ代表のナルバディン・ウィーラワットノドムをはじめ各年代のタイ代表または代表経験者を抱え、選手層は他チームと比べればまだ厚い方。首位ムアントンから勝ち点8差をつけられているが、挽回する余地はある。

 ゴトビ監督は「私の中のビジョンとしては、より速いテンポで攻撃的なサッカーをすること。そしてディフェンスにおいてはFWからチーム一体となった守備をしたい。タイの選手たちの我々から学ぼう、向上しようという姿勢には感銘を受けている。試合ごとに内容は良くなっていくと思う」と選手を評価する。

 タイ代表がキングスカップに臨むため、就任後すぐにリーグ戦が中断されたのも、チーム作りの面で幸いだろう。

 最近、ネーウィン氏はチームに関して変革の必要性を訴えていた。ゴトビ監督も「私や私のスタッフを受け入れたのは、彼がクラブを次のステップに導きたいからだと思う」と話す。

 近年急速に力をつけ、タイ国内のみならずアジアレベルで旋風を巻き起こしたブリーラム。ゴトビ監督がさらなる高みへとチームを誘えるのか。6月12日にホームにラチャブリーFCを迎える。中断明けの戦いぶりに注目が集まる。

(取材・文:長沢正博【バンコク】)