チェルシーを2年ぶりのプレミアリーグ優勝に導いたアントニオ・コンテ監督が、クラブと契約を更新する見通しのようだ。19日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 同紙によると、コンテ監督が日曜日に新しい契約と補強方針について、チェルシーのマリーナ・グラノフスカイアCEOら首脳陣と話し合ったとのこと。新しい契約では年俸950万ポンド(約13億5000万円)になるとされている。

 2015/2016シーズンは10位に低迷したチェルシーだったが、コンテ監督を迎えたことで今季は開幕戦からスタートダッシュに成功し、2年ぶりのプレミアリーグ優勝を達成。

 コンテ監督とは2019年まで契約を残しているものの、補強方針でチェルシーともめていることもあり、他クラブへ移る可能性が浮上していた。しかし、改めて首脳陣と会談を開いたことで、契約延長の可能性が見えてきたのかもしれない。