ユベントスのFWゴンサロ・イグアインを獲得するため、チェルシーが1億ユーロ(約130億円)を用意した。しかし、この話はユベントスが断ったという。伊紙『トゥットスポルト』が報じた。

 チェルシーは今夏の補強が思ったように進んでいない。FWジエゴ・コスタを構想外とするという決断は早かったが、前線の補強がうまくいかず、新しいエースは決まっていない。

 そこで『トゥットスポルト』は、チェルシーがイグアインに興味を持っていると報道。昨年夏にユベントスの一員となり、チームの成功に大きく貢献したアルゼンチン代表FWを、1億ユーロの移籍金で狙っていると伝えた。

 だが、ユベントス側にエースを手放す考えはなく、すぐに断った模様だとしている。チェルシーは次のエースは見つかるだろうか。