マンチェスター・ユナイテッドからエバートンへと移籍したFWウェイン・ルーニーは、自身と入れ替わる形でユナイテッドへ移籍したFWロメル・ルカクに向け、ユナイテッドでプレーする上でのアドバイスを送った。15日付の英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

 エバートンでプレーしていたルカクは、今月8日にユナイテッド移籍の合意が発表され、10日に正式契約が発表された。一方のルーニーは9日にユナイテッドからエバートンへの移籍が決定。2つの取引に直接の関連はないとも言われているが、2人の選手が入れ替わる形となった。

 ユナイテッドのエースとして長年活躍していたルーニーは、自身の経験からルカクに向けてアドバイスを送っている。「マンチェスター・ユナイテッドでプレーするのは、精神力が試されることだ。挑戦を受け入れるだけのメンタルの強さがなければならない。ユナイテッドは成功を要求するクラブなんだ」

「ロメルがそういう強さを持つことができれば、能力はある選手なので成功を収められるだろう。不安を抱いてしまうようだと、より難しくなる。ロメルの周りに、彼を正しく導いて最高の力を引き出してくれるような人たちがいることを期待したいね」

 2004年にエバートンからユナイテッドへ移籍したルーニーは、昨シーズンには出場機会が減少していたとはいえ、通算ではクラブの歴代最多得点を記録するなど輝かしい実績を残した。ルカクもユナイテッドでのルーニーの成功に続くことができるだろうか。