レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFダニーロは、チェルシーへの移籍が個人合意に達した模様だとみられている。ブラジル『グローボエスポルチ』が15日付で伝えた。

 2015年夏にポルトからマドリーに加入したダニーロは、1年目にはリーガ・エスパニョーラで24試合に出場したが、2年目の昨季は17試合に減少。より安定した出場機会を求めて移籍へ傾いたとみられている。

 ダニーロ自身はチェルシーとの合意に達しており、マドリーとチェルシーのクラブ間でも合意が得られれば移籍が成立するとの見通し。ポルトから3150万ユーロ(約40億7000万円)でダニーロを獲得したマドリーは、それと同程度の移籍金を求める考えのようだ。

 当初はユベントスがダニーロの獲得に強い関心を示しているとも報じられていた。だがスペインメディアによれば、マドリーはユーベから提示された2000万ユーロ(約25億8000万円)のオファーを不十分とみなし、放出に応じなかったという。