バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは、スポーツ界の歴代最高の選手として3人のスーパースターの名前を挙げた。これに対し、ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスはさらに8人を追加している。

 現地時間16日に行われたテニスのウィンブルドン選手権決勝では、マリン・チリッチを破ったロジャー・フェデラーが8度目の優勝を飾った。グランドスラム(4大大会)の優勝回数は通算19回となり、歴代1位の記録をさらに伸ばしている。

 ピケはその偉業を称え、サッカー界のスーパースターである自身のチームメートと、バスケットボールのレジェンドを含めた3人を同列に並べた。「レオ・メッシ、マイケル・ジョーダン、ロジャー・フェデラー。僕が見てきた中でベストだ」とのツイートを投稿している。

 カシージャスはそのピケに返信する形で、レアル・マドリー時代のチームメートであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドなど8人のスポーツ選手を「歴代最高」に追加した。カシージャスが挙げたのはC・ロナウドのほか、コービー・ブライアント(バスケ)、ラファエル・ナダル(テニス)、タイガー・ウッズ(ゴルフ)、ミハエル・シューマッハ(F1)、マイケル・フェルプス(水泳)、ヴァレンティーノ・ロッシ(MotoGP)、セリーナ・ウィリアムズ(女子テニス)の各選手たちだ。