すべてはファーガソンが退任して以来となる覇権奪還のため

 昨シーズンはリーグカップとヨーロッパリーグを制し2冠を達成したマンチェスター・ユナイテッド。ここ数年は毎年のように一選手に対してリーグ最高額の移籍金を支払ってきたが、今夏もその姿勢は変わっていない。すべてはファーガソンの退任以来となるプレミアリーグ覇権奪還のため、クラブ上層部が動じる様子は全くない。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

——————————

 7月もすでに第3週目。プレミアリーグのシーズン開幕まですでに1ヶ月を切り、移籍市場も活発になっている。そして今夏もその中心的な存在が、マンチェスター・ユナイテッドだ。

 2014年夏にアンヘル・ディ・マリアを6000万ポンドで獲得して以来、ユナイテッドはほぼ毎年のように、一選手に対して支払う移籍金でリーグ最高額を記録してきた。

 15年は地元のライバル、マンチェスター・シティがケビン・デブルイネ獲得に費やした額が上回ったものの、それに続く5500万ポンドを支払ってモナコからアントニー・マルシアルを強奪した。

 そして、昨夏にポール・ポグバ獲得の際に費やした8900万ポンドに続いて、今夏も7500万ポンドの大金を叩いてロメル・ルカクを獲得。ここまでのリーグ最高額を記録している。

 こういった高額の“買い漁り”により、イングランド、さらに欧州フットボール界にインフレを引き起こしていると批判する声も聞かれる。しかしすべては、13年にサー・アレックス・ファーガソンがクラブを離れて以来遠ざかっている、プレミアリーグの覇権奪還のため。盟主復活に向けて、クラブ上層部が動じる様子はまるで感じられない。

 昨季のヨーロッパリーグとリーグカップの2冠を達成したジョゼ・モウリーニョ監督の下、チームの改革は確実に進んでいる。まず先月10日には、ベンフィカからビクトル・リンデロフを3100万ポンドで獲得し、バックラインの補強に成功した。

 昨季のユナイテッドの総失点数は29。リーグ2位の最少失点だった一方で、選手の怪我や不調もあり、シーズンを通してセンターバックの絶対的なパートナーシップを構築できなかった。

 エリック・バイリー、クリス・スモーリング、ダレイ・ブリント、マルコス・ロホ、フィル・ジョーンズといったディフェンダーに加えて、マイケル・キャリックがこのポジションで使われるなど、安定しなかった印象は否めない。

 何より、守備を基盤にチーム作りをするモウリーニョ率いる集団にとって欠かせない、力強さが欠落した。

「今夏に補強すべきは4ヶ所」。ピンポイントの補強方針

 おそらく長身のスウェーデン代表は、バイリーとスモーリングとともに、CBの主軸の一人としてターンオーバーで起用されることになる。もしくは3バックで常時起用される存在になるはずだ。さらにこの22歳は右サイドバック、守備的MFも対応可能なため、いまだに発展途上の現チームで、重用されるのは間違いない。

 そんな比較的若い陣容を見て、識者の中では「アーセナル同様に大きな変革が必要だ」という人も少なくない。しかしながら、スカッドを見渡せば、実際には十分な駒が揃っている。これはモウリーニョ監督自身も分かっているところであり、「今夏に補強すべきは4ヶ所」とピンポイントでターゲットを絞った補強方針を考えている。

 センターフォワードについては、レアル・マドリー時代に指導したアルバロ・モラタの獲得を強く希望した指揮官だったが、スペインのクラブとの商談がまとまらなかった。しかし代わりに、前述のとおりルカクを獲得。同監督は「チームには9番が必要だった。ロメルはそれに最適のオプション」と満足そうに語っている。

 CBには、これも記述のとおり、リンデロフが加わった。そのため、残る補強ポイントは2ヶ所。守備的MFとウィングとなる。

 前者にはトットナムからエリック・ダイアーの獲得の噂もあったが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督がこれを真っ向から否定している。逆に、獲得の可能性が非常に高いのがチェルシーのネマニャ・マティッチだ。

 マティッチはチェルシーの中国遠征のメンバー入りをしておらず、さらに西ロンドンのクラブは先日、モナコからマティッチとポジションの被るティエムエ・バカヨコの獲得に成功した。

 昨季シーズン終了後に、ロンドン・イブニング・スタンダード紙のサイモン・ジョンソン記者が、「ユナイテッドがマティッチの調査に動いているようだ」と教えてくれたが、逆算して考えると、水面下ではすでに2ヶ月にわたり交渉が行われていたことになる。このセルビア代表がアンカーを託されるのは、ほぼ既定路線と考えられる。

最後のピースは誰か。得点力不足解消のカギ

 となれば、クラブ上層部はパズルの最後のワンピースの獲得に集中することになる。昨季のユナイテッドは得点力が圧倒的に不足し、リーグ戦での総得点はわずか54。

 勝ちきれない試合が多かっただけに、ウィングはストライカーと並んで補強がマストとなる重要なポジションだ。その最有力候補に挙げられているのが、インテルのサイドアタッカー、イバン・ペリシッチである。

 ペリシッチは、モウリーニョ戦術の肝といえる純粋なウィンガータイプの選手だ。昨季はマーカス・ラッシュフォード、マルシアル、ジェス・リンガード、マタなどがワイドエリアの攻撃的ポジションで起用されたが、リンガード以外の選手にとってはベストポジションとは言い難い。

 加えて、まだ若いリンガードには粗さが目立ち、消える時間が長い。クロスの精度も改善が必要で、まだまだ全幅の信頼は寄せられない。一方、28歳のペリシッチは既存のチームには見当たらないタイプで、モウリーニョサッカーに最適の存在といっても過言ではない。

 オフェンス面ではスピーディーなトランジションから一気にファイナルサードへ駆け上がる速さを持ち、クロスの精度も高い。昨季の11得点8アシストが示すように、決定力も備えている。また同監督が好むハードワークをこなすタイプで、素早くトラックバックして敵の攻撃を防ぐ泥臭い仕事もいとわないだけに、ウィングバックとしても機能できるはずだ。

 先日、同監督は「最低でももう一人は補強したい」と話していたばかりだが、近日中にマティッチとペリシッチの両者の交渉をまとめ上げてもおかしくはない状況だ。今月上旬に「移籍市場での動きが少ない」として、指揮官がフラストレーションを募らせていたことを考えれば、状況は大きく変化しているといえるだろう。

 またルカク獲得と並行して、ユナイテッドで13シーズンを過ごし、クラブ最多得点記録保持者でもあるウェイン・ルーニーの放出が決まり、数年前には「低迷するユナイテッドの唯一の光」と崇められたアドナン・ヤヌザイもレアル・ソシエダへと去っていった。今後も同監督が必要としない選手は放出されていき、人員整備は進むはずだ。

 優勝請負人が率いる、モウリーニョ・ユナイテッドの2シーズン目。着々と自身の目指すチーム作りを進めるポルトガル指揮官の目には、「優勝」の二文字しか見えていない。

(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)