セリエAのエラス・ヴェローナに所属する元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、一旦は現役引退を決意したものの、再び考え直したとしてプレー続行を宣言した。伊メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 カッサーノは今年1月にサンプドリアを退団してフリーになっていたが、今月10日にヴェローナへの加入が発表された。だが現地時間18日には、加入からわずか8日での退団と現役引退を決意した模様だとイタリア複数メディアが一斉に報じた。

 18日午後に記者会見を開いたカッサーノは、その席でヴェローナ退団と引退を表明するものと予想されていた。だがその席で同選手が告げたのは、引退を考え直したというプレー続行宣言だった。

「プレーを続けたいと思っている。心が弱くなった瞬間があったが、この賭けに勝ちたいと思っているんだ。今朝には(引退を)決断していたが、それから話し合いをして考え直した」とカッサーノ。一旦は引退を決めたものの、家族やヴェローナ監督、会長らとの相談により考えを変えたとのことだ。