現地時間18日にメキシコ1部のパチューカに加入した日本代表FW本田圭佑が他の選手と共に新加入会見を行なった。そこで、本田はメキシコの公用語として使われるスペイン語で挨拶している。18日に英メディア『ESPN FC』が報じた。

 選手は一人ずつ人々の前に立ち、挨拶の言葉を述べる。そして本田は 「みなさん、こんにちは。はじめまして、僕の名前は圭佑です。ここに来ることが出来てとても幸せです。どうもありがとうございました。僕は出来る限りの事をしてチームの手助けをしたい。しかし、昨日、スペイン語の挨拶を準備しました。みなさん、スペイン語はゆっくり話してください。ありがとうございました」とコメントし、会場に集まった人々の笑いを誘う場面もあった。

 メキシコの2017/18シーズンは今週末には早くも開幕し、パチューカは23日の開幕戦でプーマスと対戦する。本田はデビュー戦に向けて早急にコンディションを整えたいところだろう。