元ポルトガル代表FWのリエジソン氏の乗った車が他の車と衝突し、相手女性が命を落とすという事故が発生した。ブラジル紙『コレイオ』が18日付で伝えている。

 事故が起きたのはリエジソン氏の故郷であるブラジルのバイア近郊の道路。現地時間18日午前に、リエジソン氏と妻の乗るBMW車が、反対車線を走っていたフォード車と衝突したとのことだ。

 相手の車を運転していた34歳の女性は、病院に搬送されたものの死亡が確認された。リエジソン氏や、死亡した女性の車に同乗していた夫は軽傷を負ったようだ。

 現在39歳のリエジソン氏は母国ブラジルのフラメンゴやコリンチャンスなどでプレーしたあと、2003年から8年間にわたってポルトガルのスポルティングCPでエースとして活躍。ポルトガルリーグで2度の得点王に輝くなどゴールを量産した。

 2009年にはポルトガル国籍を取得し、同国代表に招集を受けた。2010年ブラジル・ワールドカップにも出場するなど、ポルトガル代表として14試合出場4得点を記録している。