レスター・シティが19日、イングランド2部のハル・シティに所属する32歳のスイス代表GKエルディン・ヤクポヴィッチを獲得したと発表した。契約期間は3年間で2020年6月までとなっている。

 クラブは移籍金について未公開としているが、英紙『デイリー・メール』は移籍金225万ポンド(約3億3000万円)ほどになったと伝えた。既に香港のプレミアリーグ・アジア・トロフィーに参加しているレスターに合流しているようだ。

 先日、レスターに所属していたドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーが浅野拓磨も所属するシュトゥットガルトへ移籍。ツィーラーに代わる第2GKとしてレスターに加入したと考えられている。

 しかし、同選手はレスターのオフィシャルサイトを通じて「初めから、僕はGKカスパー・シュマイケルがプレミアリーグで最高のGKの一人である事を知っている。自分にとって難しい事であるのはわかっているが、それでも僕は戦うつもりだ。健全なポジション争いは常に良いものであり、それは普通なこと。確かに、僕はチャンスを待つことになるだろうが、僕はここに来た時から非常に興奮しているし気合が入っているよ」と、正守護神の座を奪い取る覚悟を見せた。