ユベントスはリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンに関心を示しているようだ。19日付けの伊紙『Tuttosport』が報じている。

 記事では、昨季リバプールで主力としてリーグ戦32試合に出場したジャンに対しユベントスが2500万ユーロ(約32億5000万円)のオファーを出したと伝えている。また、リバプールのユルゲン・クロップ監督も2018年で契約の切れるジャンを移籍金が得られるため今夏での放出を検討していると報じている。

 条件が整えばリバプールは2014年からプレーする23歳の主力を放出の可能性もあるようだ。