アーセナルに所属する28歳のドイツ代表MFメスト・エジルが、今季のプレミアリーグが開幕する前にクラブとの契約を更新するかもしれない。20日に英紙『ザ・サン』が報じている。

 同紙によると、エジル本人は週給35万ポンド(約5078万円)を望んでいたが、最終的に週給28万ポンド(約4062万円)で決着する可能性が高いとのこと。シーズン開始前に新契約を結ぶ予定であると同紙は報じている。

 現在の契約は2018年6月までとなっており、契約満了まで残り1年と迫っていた。そのため、クラブはエジルとの契約更新を目指して何度も交渉を続けてきた。インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)を戦っている現在も交渉を繰り返しているという。果たして、今季のプレミアリーグが開幕する前に新契約締結となるのだろうか。