8000万ユーロ(約104億円)の移籍金でチェルシーへの移籍を果たしたスペイン代表FWアルバロ・モラタが、21日にロンドンのヒースロー空港に到着し、英紙『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えた。

 「アントニオ・コンテは世界最高の監督に一人だ。彼と共に働けることを幸せに思うよ。そしてプレミアリーグは世界最高のリーグの一つ。だからここに居られてとてもうれしく感じるよ」

 モラタとチェルシーの契約期間は5年と予想されている。モラタが2014年夏にユベントスに加入した際入れ違いとなってアントニオ・コンテ監督と共演することはなかったが、既にモラタのコンテ監督への信頼は厚いようだ。

 昨季スタメン出場の機会が少なかったのにも関わらず、シーズン20ゴールをマークしたモラタは、チェルシーの新たなエース候補として期待されている。果たして世界最高の指揮官のもと輝かしい活躍を収めることはできるのだろうか。