モウリーニョ体制1年目。手堅いサッカーでEL制覇

 まもなくヨーロッパサッカーの新シーズンが開幕する。タイトル獲得や一昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていたプレミアリーグ6強クラブ、それぞれの昨季の戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。スポナビライブのプレミアリーグ解説でお馴染みの戸田和幸氏が分析する。今回はリーグ戦では低調だったものの、ジョゼ・モウリーニョ新監督就任1年目でヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドの1年を振り返ってもらった。(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)

——

総合評価:C

 (ジョゼ・)モウリーニョ監督は今までのキャリアを振り返ると2シーズン目に大きな結果を残す監督です。そういう意味では新しいクラブを率いて1シーズン目で、怪我人が多いながらも手堅い戦いでリーグカップを獲り、終盤はリーグ戦を捨ててでも照準を合わせてELもしっかり獲ったことは評価されるべき結果だと思います。

 サッカー的には他のクラブと比較して決して攻撃的だというものではありませんでしたし、基本的には「個」で打開する、バランスを崩してまで攻撃するようなところはありませんでした。そういう意味では「ビッグ6」の中では最も魅力的には見えないサッカーだとは思います。

 ただしモウリーニョ監督が何を哲学として持っているのかを考えれば、ある意味それは普通のことだとも言えますし、全てのチームが攻撃的に振る舞う必要はないと考えています。

 例えばチェルシーに2-0で勝った試合(第33節 2-0で勝利)のように変則的なマンツーマンディフェンスをいくつかの試合では使いました。マンツーマンでの守備は1対1での強さがベースとなる戦術です。どんなスタイルのサッカーにおいても当たり前に個の力は必要とされますが、モウリーニョ監督のサッカーには特にそれが求められるのではないでしょうか。

 昨シーズンのマンチェスター・ユナイテッドには最終ラインの選手に多く怪我人が出ました。スプリントやジャンプをする際には大きな出力が必要となりますし、運動量は多くなくてもゴール近くのエリアでは一瞬で物事が決するためにハイパワーを必要としますから、そういったことがきっかけでDFの怪我が多くなったのかもしれません。

 ただ、負傷離脱する選手が多かったと思う一方、守備陣の中に「この選手が軸だ」という選手が果たして存在していたのかどうか。(マルコス・)ロホや(フィル・)ジョーンズには安定感に欠けるところがあり、かつては期待の若手だった(クリス・)スモーリングもやや停滞したところから抜け出せずにいるように見えます。

 そのような守備陣の中でGKの(ダビド・)デ・ヘアは昨シーズンも素晴らしいパフォーマンスを見せましたし、数字を見ても失点数は少なかったです(29失点はリーグ2番目の少なさ)。というところで見ると、昨シーズンのマンチェスター・ユナイテッドのサッカーは、変化に富んでいて見ている人がワクワクするような要素は少なかったと思いますが、一方で守備は安定していましたし、リアリストであるモウリーニョ監督らしいチームだったと言えます。

実は最先端の戦術? 変則的マンツーマンでチェルシー封殺

 先ほども少し述べましたが、印象深かったのはやはりチェルシーに勝った試合が挙げられます(第33節 2-0で勝利)。2人のCBのところはジエゴ・コスタに対して常に2対1の数的優位な状況を作りつつ、(エデン・)アザールには(アンデル・)エレーラをつけるなど、他の選手に対してははかなり変則的な形でタイトなマークをする守備戦術を採用していました。

 その試合の約1ヶ月前にもFA杯準々決勝でのユナイテッド対チェルシーが行われましたが、その時もユナイテッドは同じように変則的なマンツーマンディフェンスで臨みました。その時はスタンフォード・ブリッジでのアウェイゲームということも影響したと思いますが、1対1でも後手を踏み続け、なおかつ先に失点をしてしまいほぼ何もできずに終わってしまいました。

 FA杯での経験が生きた部分もあったと思いますが、ユナイテッドにとっては先に点を取れたのが非常に大きかった。加えてオールド・トラフォードでの試合ということで選手たちのモチベーションは非常に高く、1対1の戦いも粘り強く逞しかったです。(ネマニャ・)マティッチのパスがエレーラの腕に当たったところからのカウンターで先制できたという幸運もありましたが、90分に渡り非常に高い集中力とタイトなマーキングをベースにした戦いを見せての快勝でした。

 しかしアーセナルに完敗した試合(第36節 0-2で敗戦)ではELに照準を合わせメンバーも変えた中、モチベーションも高くは見えず非常に中途半端な守備となり、(アレクシス・)サンチェスや(メスト・)エジルに好きなように振る舞わせてしまっての敗戦でした。

 マンツーマンでの守備をするということは必然的に1対1での強さが絶対条件となりますから、モチベーションやコンディションが大きく影響します。さらには自分のマークを見ながらいつ味方のカバーに行くかといった判断力も必要となります。

 マンチェスター・ユナイテッドだけではなく、例えばEL準決勝で苦しめられたスペインのセルタや昨シーズンのイタリアでマンツーマンディフェンスをベースにしたアグレッシブなサッカーでセンセーショナルな戦いを見せたアタランタなど、ここにきてマンツーマン戦術が戻ってきているというか、より人を意識した守備が見られるようになってきています。

 常に動きながら攻撃を仕掛けてくる相手に対してゾーンディフェンスでのマークの受け渡す作業は、ユベントスに代表されるような相当に高いレベルの能力+個人戦術が備わっていないと難しくなってきています。

 これまでの歴史を振り返っても常に戦術のトレンドは変わってきたわけですが、攻撃の戦術が非常に複雑で多彩なものになった今、その攻撃に対しより効果的な守備戦術としてマンツーマンという方法が戻ってきているのではないかと見ています。

ポグバの最適な起用法。何でもできる万能MFの真価

 史上最高額の移籍金で復帰したポール・ポグバについてですが、私はポグバという選手は脇役として世界最高レベルの選手だと考えています。素晴らしい体躯に身体能力・テクニックを持ちつつ戦術的な役割もしっかりこなせて、チャンスメイクも出来る。もちろん得点力も備えてはいますがそこに特化している選手ではありません。

 ユベントス時代のポグバを思い出してもらえれば分かりやすいと思いますが、(アンドレア・)ピルロというコンダクターと(カルロス・)テベスや(パウロ・)ディバラという攻撃の最終局面にて違いを見せることができる選手がいて、その選手たちを支えるインサイドハーフというポジションにてポグバは最高の輝きを放っていました。

 尋常でないプレイエリアの広さ・献身性・1対1の強さを持つポグバですが、いわゆるバイタルエリアやペナルティエリアの近くで決定的なチャンスメイクやゴールを演出するトップ下タイプの選手ではなく、現在バイエルンでプレイしているチリ代表の(アルトゥーロ・)ビダルと同じようなタイプの選手だと言えます。

 もちろんどこで使ってもハイレベルなパフォーマンスを見せてくれる選手なのは間違いありませんが、より特徴が出やすいポジションに置いてあげることも必要ではないかと思います。

ルーニーは限界? 新時代の到来を感じさせる若手の台頭

 (ウェイン・)ルーニーは既にストライカーではなくなったと見ています。

 長きに渡り多くの得点を挙げてきたルーニーのイメージを重ね見ているかもしれませんが、残念ながら一瞬のスピードは明らかに衰えましたし、ゴールを意識したプレーの選択の回数もだいぶ少なくなりました。

 止める・蹴るといった技術や視野の広さは本当に素晴らしいものを持った選手ですし、中盤でどれくらいやれるか。今後は監督が彼に何を期待し、どのポジションで起用するかが重要となりますが、一時代を築いた選手が徐々に存在感を失くしていく姿を見るのはやはり残念です。

 しかしマンチェスター・ユナイテッドというクラブが常に世界のトップを争うことを目標としているクラブである以上、ウェイン・ルーニーというイングランドサッカーの歴史に燦然とその名を残す選手であっても主役を張ることが出来なくなってしまった以上はそこからどかなければならない、それがこの世界の常です。

 ルーニーに代わる今後のクラブの未来を背負って立つ選手としてはマーカス・ラッシュフォードの名前が挙がると思います。

 鮮烈なデビューを飾って以降やや停滞し、なかなか得点を挙げることも出来ずサイドで起用されることも多かったですが、(ズラタン・)イブラヒモビッチが怪我をしたことにより1トップで使われるようになって以降、その圧倒的なスピードとフィニッシュのセンスで再び輝き始めました。

 彼はとにかく速い。それが一番の魅力であり絶対的な武器です。あれだけのスピードがあればワンステップ踏むだけでも相手のDFは下がりますからね。

 そしてラッシュフォードは速いだけでなく、キックのうまさや、ずる賢さも兼ね備えています。体つきはまだまだ細いですが、無限の可能性を秘めている選手であることは疑いようがありませんし、今後の成長が非常に楽しみです。

(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)