22日に行われたJリーグプレシーズンマッチ、ベガルタ仙台ヴィッセル神戸の一戦で、実戦デビューを飾った神戸のFWルーカス・ポドルスキがさっそくゴールに絡むプレーを見せた。

 神戸に加入して初の対外試合となるポドルスキは、ユアテックスタジアム仙台の誕生20周年記念として行われたこの試合に先発で出場。世界的スター選手の日本でのデビュー戦に注目が集まった。

 開始6分、浮き球のパスで裏に抜け出した渡邉千真がゴールを決めて神戸が先制。そして34分、センターサークル内でボールを受けたポドルスキが絶妙なスルーパスで渡邉を走らせ、2点目となるゴールをお膳立てしてみせた。

 1アシストを記録したポドルスキは、前半45分間のみのプレーで交代。試合は前半に1点を返していた仙台が後半アディショナルタイムに獲得したPKを決めて2-2の同点としたが、規定により行われたPK戦で神戸が4-2の勝利を収めた。

 ポドルスキの公式戦デビューは、29日に行われるJ1第19節の大宮アルディージャ戦となることが見込まれる。