【C大阪 4-2 浦和 J1リーグ第22節】

 22日にJ1リーグ第22節の試合が行われ、浦和レッズは首位のセレッソ大阪と対戦。杉本健勇などにゴールを許し、2-4の敗戦を喫している。

 試合開始して6分、C大阪に中央の守備を崩され杉本の先制点を許してしまう。続く8分には柿谷曜一郎からのクロスに杉本が頭で合わせ、C大阪に追加点が入った。すると18分、GKキム・ジンションが弾いたボールをズラタンが押し込んで浦和が1点を返す。

 反撃に出たい浦和だったが、反対に27分にはC大阪の山口蛍に3点目を許してしまった。さらに35分にも丸橋祐介に4点目を決められてしまう。前半アディショナルタイムにラファエル・シルバの得点で2点差に詰め寄るも、結局浦和は2-4の敗戦を喫した。この結果、C大阪は今節の首位キープに成功している。

【得点者】
6分 1-0 杉本(C大阪)
8分 2-0 杉本(C大阪)
18分 2-1 ズラタン(浦和)
27分 3-1 山口(C大阪)
35分 4-1 丸橋(C大阪)
45分+1分 4-2 ラファエル(浦和)