レアル・マドリーに所属するDFナチョは、新シーズンの3rdユニフォームを正式発表前にうっかり公開してしまった自身のミスをジョークとして笑いを誘っている。

 ナチョは今月14日に、ツイッターの自身のアカウントで新モデルのシューズを発表した。だが、シューズの発表が目的であるためにユニフォームに気を遣うことを忘れてしまったようで、同選手が身につけていたのはまだ正式発表が行われていない2017/18シーズンのマドリーの3rdユニフォームだった。

 その後、ナチョはミスに気づいてツイートを削除。クラブからは改めて後日、青系の色を基調とした新デザインの3rdユニフォームの発表が行われた。

 21日には、ナチョは改めて3rdユニフォームを着用した写真をインスタグラムで投稿し、「今度こそ…新しいユニフォーム、新しい色」とコメントを添えた。ファンからはデザインについてのコメントに加え、「ハハハハハ」「ピッチ上ではミスをしないように」などナチョのフライングについてのコメントも多く集まっている。