22日にJ1リーグ第22節の試合が行われ、浦和レッズは首位のセレッソ大阪と対戦。杉本健勇などにゴールを許し、2-4の敗戦を喫している。試合後に浦和に所属する森脇良太が取材に答え試合を振り返った。

 試合開始して6分、C大阪の杉本健勇に先制点を許すと、続く8分にも杉本に追加点を決められる。18分にズラタンのゴールで1点を返すが、27分には山口蛍にゴールを決められる。

 さらに35分にも丸橋祐介に4点目を決められた。前半アディショナルタイムにラファエル・シルバの得点で2点差に詰め寄るも、結局浦和は2-4の敗戦を喫した。試合後に森脇は「全部の失点シーンをまだ思い出せないぐらいですけど。それぐらいショッキングな立ち上がりでしたね」と答え、ショックを隠しきれない様子を見せている。

(取材:浜川絵理、文・構成:編集部)