22日にJ1リーグ第22節の試合が行われ、浦和レッズは首位のセレッソ大阪と対戦。杉本健勇などにゴールを許し、2-4の敗戦を喫している。試合後に浦和を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督が記者会見でコメントした。

 試合開始して6分、C大阪の杉本健勇に先制点を許すと、続く8分にも杉本に追加点を決められる。18分にズラタンのゴールで1点を返すが、27分には山口蛍にゴールを決められる。

 さらに35分にも丸橋祐介に4点目を決められた。前半アディショナルタイムにラファエル・シルバの得点で2点差に詰め寄るも、結局浦和は2-4の敗戦を喫した。試合後にペトロヴィッチ監督は会見で「ここ最近、チームは失点が多い試合が続いている。ただ、その失点の形を見ればその多くは学生のチームが失点してしまうようなイージーなミスからの失点が多いと思う。やはりそういったミスを繰り返すようであれば試合に勝利するのは難しい」と、守備の脆さを指摘している。

(取材:浜川絵理、文・構成:編集部)