ローマは22日、マンチェスター・シティからDFアレクサンダル・コラロフを獲得したことを発表した。

 31歳のコラロフは、2007年から2010年にかけてラツィオでプレーしたセルビア代表のサイドバックで、ローマに戻ることになる。契約は2020年までの3年間。移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)だ。

 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は先日、同選手の放出を認めていた。その際、サイドバックを複数獲得しなければいけないと述べているが、1人は獲得が決まりそうだ。

 英メディア『スカイ・スポーツ』によると、シティはレアル・マドリーのDFダニーロ獲得に向かっており、3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で合意しそうだという。

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も、ダニーロ放出を認める発言をしているだけに、決定は近そうだ。