バルセロナは、リバプールのFWフィリッペ・コウチーニョを諦めていないようだ。英紙『ミラー』は、バルセロナが8000万ポンド(約115億円)を用意すると伝えた。

 今夏の移籍市場でバルセロナはコウチーニョを狙っている。だが、7200万ポンドと言われるオファーはリバプールに拒否された模様だ。ユルゲン・クロップ監督は、同選手が売りに出されていないと強調した。

 だが、バルセロナはコウチーニョにこだわっており、オファーを8000万ポンドまで上昇させて再びリバプールと交渉したい考えだという。

 コウチーニョは今年1月に契約を延長している。リバプールは高額オファーにも関心を示さないのだろうか。