クロップが生み出した「ゲーゲンプレッシング」

 近年のボルシア・ドルトムントを語る上で、ユルゲン・クロップという男の功績は欠かせない。ゲーゲンプレッシングなる守備戦術を生み出した熱い男がチームに残した遺産はあまりにも大きかった。変革を望んだトーマス・トゥヘルは志半ばで去り、新たにピーター・ボス監督が就任。果たしてヨハン・クライフの信奉者である新指揮官は、ドルトムントで成功への道を見出せるのだろうか。(取材・文:本田千尋)

——

 数年来、ボルシア・ドルトムントのサッカーの本質はカウンターだった。2008年7月から2015年6月まで、7年にわたって監督を務めたユルゲン・クロップが、プレッシング及びゲーゲンプレッシングという戦術で旋風を巻き起こしたのは記憶に新しい。

 プレッシングとは、相手がボールを持っている時にチームが連動して圧力をかけていくことだ。ゲーゲンプレッシングとは、自分たちがボールを失った瞬間、反射的に動いてプレスをかけることである。敵陣の深い位置でボールを奪い返すことができれば、相手の守備組織が整わないうちにゴールへ迫ることができる。アリーゴ・サッキが率いたACミランのゾーンプレスに影響を受けたクロップは、研究の末に独自の守備戦術に辿り着いた。

 クロップ時代のハイライトは2010/11、2011/12シーズンの2年間になるだろう。感情表現豊かな指揮官は、フンメルス、シュメルツァー、グロスクロイツ、ゲッツェ、そして香川真司ら20代前半の選手たちを積極的に起用。カウンター主体の縦に速いサッカーでブンデスリーガを席巻した。2010/11シーズンはリーグ優勝。2011/12シーズンはカップ戦も制覇し、国内2冠を達成している。

 さらに翌2012/13シーズンはチャンピオンズリーグの決勝に進出。ファイナルでは宿敵バイエルン・ミュンヘンに敗れたが、クロップは、プレッシング並びにゲーゲンプレッシングという守備戦術の正当性を欧州の舞台でも証明した。

 しかし香川、シャヒン、ゲッツェ、レバンドフスキと次々に主力を引き抜かれ、徐々にチームは弱体化。シャヒンと香川は復帰したが、2014/15シーズンは自陣に引いて守りを固める相手を崩せず、一時は最下位まで転落してしまう。

 積極的に攻めてこない、ボールを奪おうとしてこない相手に対し、ゲーゲンプレッシングを軸とするカウンターを発動することは難しかった。限界を悟ったクロップは、20215年4月、クラブに契約解除を申し出た。

ペップ流を持ち込んだトゥヘル。ポゼッション志向も…

 代わってやってきたのは、トーマス・トゥヘル。マインツで名を馳せた青年監督は、ボールポゼッションに軸を置きつつ、プレッシングやゲーゲンプレッシングという“クロップの遺産”を有効に活用しようとした。というのも、トゥヘルが最も影響を受けた監督は、ペップ・グアルディオラだったからである。

 サッキの影響でボールロスト時の守備戦術を編み出したクロップとは別のところで、08年7月にFCバルセロナの監督に就任したペップは「5秒ルール」を考案した。「5秒ルール」とは、ボールを失って5秒間は圧力をかけて奪い返そうとするが、その間に奪えなければ、下がって陣形を整えようという「ルール」だ。このペップ流ゲーゲンプレッシングは、ボール支配率を高めるための守備戦術と言えるだろう。

 トゥヘルは、ドルトムントに「5秒ルール」を明確に適用したわけではなかったが、ポゼッションを高めるため、チーム全体の陣形を整え、攻守の切り替えを徹底した。ペップに倣ってか、ロンドを中心に据えた練習で、プレッシング、ゲーゲンプレッシングに磨きをかけていった。

 こうして遅攻に重きを置きつつ、ロイスやムヒタリアンといったスピードが持ち味のアタッカーを活かしたサッカーで、ドルトムントは巻き返しを図った。両サイドバックは高い位置を取り、全体を押し上げる。そしてペナルティエリア内のファーサイドに斜めのボールを入れて、折り返しをオーバメヤンが詰めるというのが、お決まりのパターンだ。

 トゥヘル政権初年度の2015/16シーズン、ドルトムントはリーグ戦を2位で終えることに成功している。34試合を終えて82得点と攻撃陣が爆発。得点数はリーグ最多の成績を残した。しかし、一方で失点数は34と首位バイエルンの倍を数え、守備は不安定な姿を露呈したまま。カウンターを得意とするチームの多いブンデスリーガで、敵陣に入ってポゼッションを展開しつつ、失点数を最小限に抑えることは簡単ではなかった。

クロップの遺産に呑まれたトゥヘル、志半ばでチームを去る

 フンメルス、ギュンドアン、ムヒタリアンといった主力が抜け、また新たにチームを作る必要があったトゥヘル政権2シーズン目も不安定な守備に苦しんだ。攻撃時の選手間の距離が悪く、ゲーゲンプレッシングを上手く仕掛けることができない。ボールロスト時に素早く守備に移るには、自分たちがボールを持っている時の選手同士の適切な距離感が重要となる。

 そしてトゥヘルが最終的に辿り着いたのはカウンターだった。守備の改善のために3バックを採用する。左右にウイングバックを配置して、実質的には5バックだ。中盤の人数は2人に削り、前線にはオーバメヤン、ロイス、プリシッチといった縦に速いアタッカーを起用した。重心をやや後ろに置いて、ボールを奪えばすぐに前の3人のスピードを活かして攻め込んだ。

 オーバメヤンを、レバンドフスキのようにターゲットマンとして活用することはなかったが、こうしたスタイルは、クロップ時代のサッカーの変形とも言えるだろう。確かに布陣とメンバーは違うが、プレッシング及びゲーゲンプレッシングを軸とするカウンターが本質である。

 トゥヘルは、ペップ流を持ち込み、サッキを始祖とするクロップのDNAを利用するつもりが、逆に呑み込まれてしまったのだ。

ボス監督が提示した新たな攻撃の形。クライフ派のチーム改革

 それでは、今季から指揮を取るピーター・ボスはどうだろうか。直近のテストマッチである7月22日のボーフム戦では、36分に高い位置で奪い返して、シュールレがミドルシュートまで持っていく場面もあった。しかし90分間を通してみれば、プレッシング及びゲーゲンプレッシングが徹底されていたとは言い難い。

 新監督はヨハン・クライフの信奉者。戦術的にはペップに似たところがあり、ボールロスト時の守備を重視しているようだ。もちろんアジアツアーを終えてドイツに帰国したばかりでコンディションが整っていないという側面はあるだろう。それでもチームとしてどのように陣形を整え、どの位置でボールを奪おうとするのか、判然としなかった。

 逆に顕著だったのは、ウインガーが比較的自由に仕掛けていたことである。アジアツアーの浦和レッズ戦やACミラン戦でもそうだったが、ボーフム戦で先発出場したモル、プリシッチ、そして75分から途中出場のデンベレの思い切りの良さが目立った。

 ボスが監督を務めた昨季のアヤックスでは、ドリブラーのアミン・ユネスが活躍したが、今季のドルトムントでも、まずはウイングの攻撃力を活かすところからチーム作りを始めているようだ。オーバメヤンをフィニッシャーとして用いたトゥヘル時代とは、攻撃の方法論が違う。そして次の段階として、ウイングを軸とする攻撃へ移行するための守備組織を構築していくのではないか。それはクロップ流ともペップ流とも、少し異なるものだろう。

 しかしドルトムントのサッカーは、長年に渡ってカウンターを本質としてきた。多くの選手たちに染みついているクロップのDNAを、ボスは有効に活用できるだろうか。それとも、この10年間とは異なるアイデンティティを構築するだろうか。なまじクラブの色がはっきりしているだけに、ボスにとって、このプレシーズンの作業は簡単ではなさそうだ。

(取材・文:本田千尋)