チェルシーに新加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタが現地時間25日にデビューすることになりそうだ。

 現地時間21日、24歳のモラタはチェルシーと5年契約を交わした。移籍金は発表されていないが、7000万ポンド(約101億円)と報じられている。

 そんなモラタをアントニオ・コンテ監督は「私は彼に最初からではないが、プレーするチャンスを与えたい」と現地時間25日に行われるバイエルン・ミュンヘンとの親善試合に起用すると明言した。

 続けてイタリア人指揮官は「彼はまだ若いが経験豊富な選手だ。既にレアル・マドリーとユベントスといった2つのビッグクラブでプレーしているからね。またチャンピオンズリーグのような厳しい戦いも経験している」とモラタを高く評価している。

 昨季モラタはマドリーで公式戦43試合に出場し20ゴールを挙げている。自身初となるプレミアリーグでどのくらい活躍が出来るのだろうか。