バイエルン・ミュンヘンに所属するコロンビア代表FWハメス・ロドリゲスはチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの活躍を断言している。

 昨季、ハメスはモラタと共にレアル・マドリーでプレーをしていた。そんな元同僚に対しハメスは「モラタは信じられないほどの素晴らしいシュート技術を持っている選手だ」と絶賛し「彼はチェルシーを強くさせるだろう」とプレミアリーグでの活躍に太鼓判を押した。

 またかつてマドリーで指揮した経験を持つバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督も同様の意見を持っているようで「彼は若くしてファンタスティックなストライカーだ。チェルシーは素晴らしい契約に成功した」とコメントしている。

 現地時間21日にマドリーからチェルシーへの移籍が決まったモラタ。報道によると移籍金が7000万ポンド(約101億円)とも言われており、その額に見合った活躍が出来るか今から注目が集まっている。