現地時間22日に中国でインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)が行われ、チェルシーアーセナルと対戦し3-0の勝利をおさめた。ただ、この試合でチェルシー所属のスペイン代表MFペドロ・ロドリゲスが脳振とうを起こし病院に搬送されている。診断の結果、複数箇所を骨折していることが明らかになった。24日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 ペドロはボールを弾き出そうとしたGKダビド・オスピナと激しく衝突し脳振とうを起こした。ピッチ上で治療を終え、退いた後に病院へ搬送されている。同紙によると、複数箇所を骨折。ただ、マスクを付けることになるが10日ほどで復帰できる見通しのようだ。

 チェルシーにとっては一安心と言ったところだろう。昨季は公式戦43試合に出場し13得点12アシストを記録してチームのプレミアリーグ優勝に貢献。2連覇に向けて今季もペドロの活躍が期待されている。