中盤が逆三角形となる[4-3-3]がベースに

 日本代表の本田圭佑が加入したメキシコ1部・リーガMXのパチューカ。クラブW杯にも出場する北中米屈指の強豪であるが、リーグ戦前期の開幕戦となるUNAM戦では1-0で敗れた。本田は欠場となったが、出場するとすればどのポジションになるのだろうか。第1節の内容から、本田が入った場合のポジションや役割について考察する。(文:河治良幸)

——————————

 本田圭佑が加入したパチューカはリーガMX2017前期の開幕戦で“プーマス”ことUNAMと対戦。前半30分にFWニコラス・カスティージョのFKで先制されると、そこから相手のディフェンスを崩し切ることができず、そのまま1-0で敗れた。

 7月16日に初練習を行った本田だが、ディエゴ・アロンソ監督は高地への順応と筋肉系の違和感を取り除く回復を優先させたいとし、メキシコでのデビューには3〜4週間かかると見込まれていた。だが本田本人は「3〜4週間が必要と聞いたが、予想よりも早く復帰できると思います。いい感じ」とツイート。当初の見込みよりも早期の復帰が期待できそうだ。

 惜しくも敗れた開幕戦だが、パチューカの基本的な戦い方、そして仮に本田が入った場合のポジションや役割について、おおよその想定はできる。[4-3-3]をベースに中盤が基本的には逆三角形を構成し、“インテリオール”と呼ばれる2人の攻撃的MFが左右のウィングに絡んでチャンスの起点を作る。

 中盤の底は攻守のバランス感覚に優れるエリック・アギーレが起用された。左右のウィングはワイドアタッカー、CFのヘルマン・カノは純粋な1トップというよりファジーなポジショニングで、相手センターバックとボランチの間で中央のアクセントになり、そこから裏に飛び出していく傾向が強い。

 インテリオールの選手は中盤のパスや縦の動きに加え、アウトサイドに流れたところからクロス、あるいは中に流れたウィングのフィニッシュを促すアシストパスなど、ワイドに攻撃に絡むシーンが多い。本田はパチューカでトップ下のポジションを希望しているという報道もあるが、おそらく[4-3-3]のインテリオールがメインになるはずだ。

 一方でミラン時代の基本ポジションだった右サイドは10番を付けるウルグアイ代表FWホナタン・ウレタビスカヤの基本ポジションとなる。

“ウレッタ”の愛称で知られ、優秀なセカンドアタッカーとして評価されるウレタビスカヤはトップ下もこなすが、縦志向の突破力や右足の正確なクロスを生かせる右ウィングがメインポジションになっているようだ。

 一方の左ウィングは開幕戦ではアンヘル・サガルが先発したが、彼はワイドな位置から積極的にゴール方向へ仕掛けるタイプの選手だ。

本田の特徴を最大限に生かせるのは中盤での起用か

 ウレタビスカヤとサガルに共通するのは個人で仕掛けて勝負する打開力を持つことで、今回は途中出場だったチリ代表のエドソン・プッチもドリブルと積極的なシュートが武器の選手であり、ポゼッションからの崩しが基本となるスタイルながら、左右のウィングにはそうした役割が求められる。本田の特徴を最大限に生かすには、やはり中盤のインテリオールが適していそうだ。

 本田がインテリオールで出る場合、利き足を考えれば開幕戦でパブロ・ロペスが担った左が適しているが、ご存知の通り本田は右ワイドを起点にプレーすることを得意としている。

 開幕戦でビクトル・グスマンが担った右のインテリオールで起用されれば、ウレタビスカヤと良い距離感で絡みながら、時にポジションチェンジで右サイドに流れてサイドバックのジョセ・マルティネスが攻め上がる“タメ”を作る役割もイメージできる。

 攻撃面で多岐に渡る活躍が期待されるインテリオールは守備面でも高い状況判断が求められそうだ。基本的に高い位置で相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪いにいきながら、攻め込まれれば自陣まで下がってDFラインの手前を埋める必要がある。確かに高地に順応しなければ、フルタイムで役割をこなすことは難しそうだ。

 時間帯によっては前線の迫力を意識した[4-4-2]もオプションになり、その場合は左右のサイドハーフで起用されるプランもあるかもしれないが、中盤の攻撃的なポジションで周りを生かしながら決定的なシーンを演出するという、ミランでは一時的にしか実現できなかったポジションで、新境地を開拓できるかどうか。さらに注目してチェックしていきたい。

(文:河治良幸)