J2長崎、観客動員数の水増しが発覚。2万人上乗せで制裁金300万円

 Jリーグは25日に行われた理事会後の記者会見で、J2のV・ファーレン長崎が観客動員数の水増しを行っていたことを明らかにした。

 Jリーグによると、水増しが行われていたのは2015年シーズン開幕から2017年第6節(4月2日)までの約2年間。ホームゲーム全46試合のうち45試合で少なくとも約2万人を上乗せしていた。

 本来であれば入場者実数を発表すべきところであるが、長崎は運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客などを入場者数に上乗せして発表していたという。

 これを受け、長崎には制裁としてけん責(始末書をとって将来を戒める)および300万円の制裁金が下された。

 長崎は今年2月に赤字決算見込みが発表されるなど経営難に陥っていたが、今年4月に株式会社ジャパネットホールディングスが同クラブをグループ会社化。ジャパネットホールディングス前社長であるの高田明氏が社長に就任し、経営再建を図っている。

(取材:今関飛駒、文・構成:フットボールチャンネル編集部)